看護留学・看護研修の専門会社トラベルパートナーズです。世界で学ぶナースを応援します。ナース海外研修プログラムス。

看護留学体験談
留学お役立ち情報
海外看護視察レポート
現地からのつぶやき
モバイルサイト
facebook
留学・研修プログラム一覧
高齢者ケア海外視察ツアー

 オランダのケア付き住宅、認知症ケア、安楽死、ホームドクターの実情を探る

※募集は終了いたしました。
 〜現場職員向け「オーストラリア高齢者介護職員研修」へのお誘い〜
介護福祉先進国オーストラリアは、日本と同じく中負担・中福祉の国です。また温暖で大陸的なオージーのおおらかな精神は、介護分野でも大きな効果を発揮しています。 本研修ツアーは、介護福祉先進国のオーストラリアにおいて、認知症ケアなどの介護現場に必要なスキルやマインドをしっかりと学び、これを職場に生かそうとする中堅の現場職員向けの内容です。 南半球なので季節は逆になり、2月は気温が高くて過ごしやすい夏です。 更に時差も1時間しかありませんので、帰国後の勤務にもあまり影響いたしません。 また、添乗員が同行し、研修には日本語通訳がつきますので、海外旅行の経験が無い方でも安心してご参加いただけます。 なお、本企画の研修地である同国クィーンズランド州イプスイッチ市は、東京都練馬区と友好都市提携をしており、大変に親日的な自治体です。人口19万人。「長寿と健康の町」をモットーとしています。州都ブリスベンも見学し、世界的リゾートであるゴールドコーストにも滞在いたします。 この研修を通して、介護の国際交流と仲間との出会いが広がり、介護の学びと共に価値あるものになることと確信しております。 どうぞふるってご参加下さい。

※募集は終了いたしました。
  我が国では、現在、農福連携が全国に広がって来ておりますが、介護福祉先進国のオランダでは「ケアファーム」という名称のオランダ版の農福連携が 10 年間で 3 倍に広がっており、現在、1400 カ所以上が運営されています。また、その中でも優秀な施設800 カ所が自主団体のアグリケア連盟(FRZ)によって選定され入口には適マークが掲示されています。また、オランダでは、障碍者雇用が日本より進んでおり、障碍者の就労と一般の就労との区別さえも無くしています。
 本ツアーではこのようなオランダの農福連携の実情を研修するものです。
 従来の障碍者就労の施策から、各省庁にまたがったプラットホーム型の農福連携の施策の時代に入った我が国でも多種多様な新しい農福連携の在り方や障碍者サービスの創出が考えられます。この視察を通して、そのヒントが見えてくるはずであり、その出会いが一層価値あるものになると確信しています。
 また水先案内人として、あの司馬遼太郎の「オランダ紀行」で「現代のオランダ博士」と評され、またオランダの農業事情にも詳しい後藤猛氏に参加して頂きます。

※募集は終了いたしました。

 「日本版CCRC」が話題を集めています。人口減に悩む地方を再生できる切り札のひとつと見られています。CCRCとは米国で生まれた高齢者の住まい方です。Continuing Care Retirement Community の略です。健康な時に自宅から移り住んで、要介護状態になっても敷地内の別棟に移動してケアを受け続けられる高齢者向け施設です。健常者の Independent Living、介助者がいる Assisted Living、重度者向けの Nursing Home などの棟が同じ敷地内に並んでいます。全米に約2,000カ所あると言われています。大学と連携して受講もできるタイプもあります。米国では主に富裕層向けに広大な敷地内で完結させています。政府が計画している日本版では、既存の市街地内に設けて、働く場を作り地域貢献につながるスタイルを目指そうとしています。これによって、首都圏や近畿圏などから団塊世代前後の高齢者を呼び入れようというプランです。といっても、米国のCCRCがどのようなものなのか、直に見て来ないとなかなかイメージがわきません。そこで、米国東部海岸のボストンを中心として本場のCCRCを訪ねてみることにしました。CCRCのほかの米国で注目されている認知症ケア施設などもプランに織り込みたいと計画中です。なお、本ツアーの立案は、福祉ジャーナリストで元日本経済新聞社編集委員の浅川澄一氏の手によるものです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

※募集は終了いたしました。

 英国の医療制度は独特です。患者の医療費がすべて国の税金でまかなわれていますので無料。NHS(国民保健サービス)と言われる医療制度によるものです。その主役を担っているのが家庭医(GP)。日本でも「総合診療医」として近々登場してきます。「地域包括ケア」の大きな課題は医療の関わり方です。家庭医が充実していると、地域ケアにどのような好影響があるのかを見極めたいと思います。  また、英国から大いに学びたいのは認知症ケアについてです。日本の認知症ケアの基本である「新オレンジプラン」は、英国が世界に先駆けて始めた「国家戦略」をお手本にしています。 国際的なモデルとなっているからです。世界で初めて認知症の当事者がグループを立ち上げ「認知症の人たちの考え」を訴え始めたのも英国です。その活発な活動で知られるのがスコットランドの政府やアルツハイマー協会、 それに関連のボランティアたちです。今回の英国ツアーは、そのスコットランドに赴き現地で直に認知症ケアの神髄を見てきたいと思います。最近話題を呼んでいるのが認知症専門の訪問看護師、「アドミラルナース」です。このロンドン発の新しい動きにも触れるプランを計画中です。なお、本ツアーの立案は、福祉ジャーナリストで元日本経済新聞社編集委員の浅川澄一氏の手によるものです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

※募集は終了いたしました。

 自由・平等・独立精神の国フランス。パリ市の紋章は、帆船が青い波にうかぶ文様に「揺蕩えども沈まず」とラテン語で書かれており、したたかさと不屈の精神、多様性と柔軟性を表現していると言われています。フランスはいわば「国営」で医療制度と介護を整備してきましたが、わが国同様、高齢化の進展を受けて、病院と地域、医療と介護の連携強化や新たな地域包括ケアシステムの導入、高齢者住宅の整備等、多様な事業者で在宅生活の継続を支援する仕組みの改革を展開しています。特に医療では、在宅入院連盟等による「HAD在宅入院」が特徴で、病院と同等の高度医療を在宅で提供したり、開業看護師など他国にないシステムがあり、また介護分野では、新たに2011年より「地域包括ケアシステム MAIA」が誕生し、介護サービスの地域連携を展開しています。また、多くの独居高齢者を支える「高齢者住宅」の整備は、高齢者の心身の状態や収入に即してさまざまなタイプが整備され、中には病棟のベッドを「居住系」に転換したり、認知症ケア・ユマニチュードの取り組みや、地域の拠点として託児所を併設するものもあります。今回はこれらフランスにおける取り組みの最新現場を、フランスの医療と介護、在宅入院等を早い時期から日本に紹介している元衆議院議員山崎摩耶先生、現地のコーデイネーター奥田七峰子さんが同行し視察致します。病院からの退院支援にかかわる医療者の方や、地域での訪問診療や訪問看護の皆様、介護事業者、ケアマネジャーの皆様、そして研究者の皆様、企業等で企画や調査にかかわる方など、参加者の皆様には、今後の業務やビジネスに大いに役立つことと思われます。初秋のパリの美食とワイン、芸術を合間に楽しみ、記憶に残る視察にご一緒しませんか?皆様のご参加をお待ちしております。
▲ページトップへ