看護留学・看護研修の専門会社トラベル・パートナーズです。世界で学ぶナースを応援します。ナース海外研修プログラムス。

看護留学体験談
留学お役立ち情報
海外看護視察レポート
現地からのつぶやき
モバイルサイト
facebook
サイトマップ
このページでは、はじめて看護留学をされるかた、看護留学に興味のある方に、役立つ情報を提供しております。

オーストラリアのインターネット接続はADSLが主流です。日本のような高速な光回線は普及していません。日本からノートパソコンやタブレットを持っていく場合、ホームステイ先のような一般家庭では高速回線のインターネットは望めず、使い放題ではなくパケット量(データ量)が制限されている契約が多いため、日本と同じような感覚で音楽や動画をダウンロードしたり、ゲームをするためにインターネットを利用することは難しいと考えてください。契約しているパケット量の上限を超えると料金が加算されたり、接続スピードが極端に遅くなるなどの影響がでるため、ホームステイによってはインターネット利用に制限を設けていたり有料にする家庭もあります。そのため、ホームステイ先などの滞在先でいつでも自由にインターネットに接続したいという人は、オーストラリア到着後にポケットWiFi (Wi-Fiルーター)を契約することをおすすめします。
また、メルボルンランゲージセンターでは、フリーのパソコン室もあるので、学校が閉まる17:00までは利用可能ですし、学校内の特定の場所でWi-Fiの利用が可能です。先に学校より暗証番号を発行してもらって使用できます。
メルボルンのWi-Fi事情
留学生やワーキングホリデーの場合、自身のスマートフォンなどを日本から持参、又は現地レンタル携帯電話を利用してWi-Fi によるインターネット接続が便利です。
メルボルンには無料Wi-Fiスポットがあります。メルボルン市内に沢山店舗があるマクドナルド、コーヒーを買うと無料でWiFiサービスを利用できるカフェや飲食店、メルボルンの中心にあるビジターセンターも併設しているフェデレーションスクエアでは無料のWi-Fiが利用可能です。また、夜まで開いている図書館でも無料のWi-Fiが使えます。ログイン時にアドレス入力が必要なものもあります。注意が必要なのは、無料のほかに有料のところもありますので、Wi-Fiスポットでは、「FREE Wi-Fi」「PAID Wi-Fi」か、看板に注意が必要です。日本ではビジネスホテルでも飲食店でも公共施設でも無料でWi-Fiサービスの恩恵を受けられますが、メルボルンではホテルにおきましてもインターネット接続自体が有料であり、その上高級ホテルほど料金は高額になっています。ホテルのウェブサイトを見て、客室内でインターネットやWi-Fi利用可という表示があっても、それが有料Wi-Fiなのか無料Wi-Fiなのか、明確になっていないこともありますので、『インターネットやWi-Fi利用可』という項目があったとしても、それが無料Wi-Fiであるかどうかは調べてみる必要があります。
また、シェアハウスやフラットの場合は最初からWi-Fiが利用できる環境が整えられていたり、その料金が家賃に含まれていることもありますから、ご確認ください。現地のレンタルでi-phoneの機種を借りて、電話・インターネットの全てを1台でカバーすることも可能です。
モバイルWi-Fiルーターの利用
お住まいの家にインターネット環境がなく、それでもパソコンでインターネットを利用したいという方でしたら、携帯電話会社などで簡単にご契約できる、モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fiといわれているもの)がお奨めです。ネット環境の無い場所でも、パソコン等でインターネットを利用することができ、また持ち運び可能ですので、宿泊先を移動された場合でも、引き続きインターネットをご利用いただけます。ワーキングホリデーの方をはじめ、多くの日本人が利用しています。ポケットWi-Fi機能付きの携帯電話をレンタルする場合は、不要の方も多いと思いますが、携帯、タブレットや、パソコンなど複数器でインターネット通信の頻度が高い方、ゲームなど、ダウンロードを頻繁にする、動画などを長時間見る方は、現地で、容量の大きいルーターをレンタルするとよいでしょう。ルーターも契約する容量によって速度・値段が変わりますので、契約前にどのようなことに使用したいか、自分の使用目的や頻度に適したものを確認することが必要です。
日本からノートパソコンを持っていく方
日頃パソコンを使い慣れている方は、インターネット以外にも宿題のレポートなどの作成にも非常に便利です。日本から持っていくノートパソコンをオーストラリアで使用する場合、以下のことに注意しましょう。

★電源プラグアダプターを忘れずに!
日本とは電源プラグの形状が異なりますので、必ず準備しましょう。パソコンの使用頻度が高い人は、他の電化製品を同時に使用する可能性も考えて、電源プラグアダプターを2つ準備しておくと便利です。

★変圧器は必要?
オーストラリアは日本と電圧が違い240Vなので、パソコンがそれに対応しているかどうかを取扱説明書やメーカーへ確認する必要があります。もしも電圧が対応していない場合は変圧器が必要になりますが、変圧器は日本で購入した方が無難です。

★自分のパソコンの機能を知ろう!
せっかくノートパソコンやタブレットを持参しても、自分でンターネットの設定が変更できなければオーストラリアで使えません。自分のノートパソコンに海外対応モデムが内蔵されているか、ワイヤレス機能に対応しているかなどを事前に調べておきましょう。また、操作方法が心配な場合はパソコンやタブレットの取扱説明書をダウンロードして、インターネットに接続しなくてもすぐに見られるように準備しておきましょう。
インターネットカフェの利用
日本のインターネットカフェとは少し異なり、オーストラリアのインターネットカフェは、パソコンのみが並んでいる場合が多いです。また、ショッピングセンターなどでも通路の脇にパソコンが置いてあって、コインを入れると一定時間ネットが利用できたりと、公衆電話のような感覚で利用できるインターネット端末が設置されている場所もあります(利用料金は1時間あたり$2〜$4ほど)。ほとんどが日本語の使えないパソコンですが、一部のインターネットカフェでは日本語が使えるパソコンがありますので、事前に確認してみるといいと思います。オーストラリア到着後すぐに自分のノートパソコンをインターネットにつなげない場合や、ホームステイなど滞在先でのインターネット環境が限られている場合、または自分のノートパソコンを日本からお持ちにならなかった方は、インターネットカフェ、図書館や学校のパソコンを上手に利用しましょう。
*通信事情は常に進歩しており、今後も随時進歩と共に変更となる可能性があります。
このページでは、はじめて看護留学をされるかた、看護留学に興味のある方に、役立つ情報を提供しております。
▲ページトップへ