看護留学・看護研修の専門会社トラベル・パートナーズです。世界で学ぶナースを応援します。ナース海外研修プログラムス。

看護留学体験談
留学お役立ち情報
海外看護視察レポート
現地からのつぶやき
モバイルサイト
facebook
留学・研修プログラム一覧

南半球のオーストラリア大陸の南東部、ニューサウスウェールズ州の州都シドニー。タスマン海に面しており、オーストラリアの中でも長い歴史をもつ町です。現在シドニーの人口の3分の1以上は海外出身者。主にイギリスやアイルランド、東南アジアなどからの移住者で、使用されている言語も20カ国以上です。多文化の中での医療を学び、高齢化社会問題や保険制度など、日本と類似した部分も多く持ち合わせているオーストラリアの問題取り組み等を学びましょう。オプショナルツアーのタロンガ動物園では、貴重なオーストラリアの野生動物をはじめとした世界規模の動物園を満喫できます。シドニー港の壮大な眺めも楽しめます。
※募集は終了いたしました。

アメリカの人にとって一番住みたい都市のポートランド、オ ーストラリで最も暮らしやすい街として人気のあるメルボルン。いずれも安心して滞在できる治安のよい都市で、進んだ看護を学び、国の文化に触れることができるホームステイ(メルボルンコース)とアカデミックな雰囲気を味わえる大学寮滞在(ポートランドコース)となっています。いずれのコースも現地受け入れ先のスタッフがおり、日本語通訳付きで安心して学べます。
※募集は終了いたしました。

人気のあるロサンゼルスで医療施設訪問と楽しいアクティビティを組み込んだ内容です。
※募集は終了いたしました。

2016年夏休みを利用して、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区にあるブロンクス・レバノン・スペシャルケアセンターと透析患者さんの統合的ケアを行っているDaVida人工透析センターで研修を体験しませんか?ブロンクス・レバノン・スペシャルケアセンターでは看護部長さんやナーススタッフとの交流、患者さんとコミュニケーションをとり、アメリカの看護の実際に触れることができます。両施設とも実際に勤務している看護師に案内してもらいます。積極的に英語を使えるように英会話教師の毛利カリーナ先生、患者さんのケアやアメリカの医療について理解が深まるようにブロンクス・レバノン・スペシャルケアセンターの夜勤師長でありDaVita透析ケア指導者のエリザベス・ソーサ看護師、日本と米国の看護師教育制度の違いや医療制度については看護大学教員の岩本由美がサポートします。医療施設での研修とニューヨークの文化施設を集中的に体験し、みなさんの将来の夢を膨らませ、これからどんな看護師になりたいのか、将来必要な看護を行うためにどんなことを身につけておけばいいのか、アメリカで看護の実際を見て、自分の将来への課題を可視化してみませんか?多くの皆様のご参加をお待ちしております。
※募集は終了いたしました。

オーストラリで最も暮らしやすい街として人気のあるメルボルンでステイ。 進んだ看護を学び、開拓時代からの歴史と文化、野生動物が豊かな美しい大自然もたっぷりと楽しめます。日本人スタッフ・日本語通訳付きで安心して学べます。
▲ページトップへ