看護留学・看護研修の専門会社トラベルパートナーズです。世界で学ぶナースを応援します。ナース海外研修プログラムス。

看護留学体験談
留学お役立ち情報
海外看護視察レポート
モバイルサイト
facebook
留学・研修プログラム一覧
 世界で最初に国営医療制度(NHS)を導入したイギリス。サッチャー政権の1980年代には医療制度の危機が言われましたが、その後のブレア政権下の大胆な改革によって復活、前進しています。独特の家庭医制度は、日本の「地域包括ケア」実現のために大いに参考になります。
 また、認知症については、日本の「新オレンジプラン」のモデルとなった「認知症国家戦略」を早々と打ち出し、国を挙げて取り組んでいます。なかでも、スコットランドは、認知症当事者のグループが世界で初めて生 まれるなど、認知症ケアの「国際モデル」となっている先進地です。
 本ツアーでは、そのスコットランドを中心にイギリスの認知症への最新の活動やがん患者を支える新サービスの実情などを研修するものです。従来の施設型サービスから地域包括ケアの時代に入った我が国でも、多種多様な新しい高齢者向け事業や医療サービスの創出が考えられます。この視察を通して、ヒントが見えてくるものと確信しています。
 なお、本ツアーの立案は、福祉ジャーナリストで元日本経済新聞社編集 委員の浅川澄一氏の手によるものです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
▲ページトップへ