看護留学・看護研修の専門会社トラベル・パートナーズです。世界で学ぶナースを応援します。ナース海外研修プログラムス。

看護留学体験談
留学お役立ち情報
海外看護視察レポート
現地からのつぶやき
モバイルサイト
facebook
留学・研修プログラム一覧
最先端医療の国のヘルスケア現場を多方面から学ぶ特別研修
第11回アメリカ短期看護研修報告
 現地では、OHSU(オレゴンヘルスサイエンス大学)附属小児病院や高齢者ケア施設などの視察や、アメリカのヘルスケアシステム・小児ケア・マグネットホスピタル・教育コーディネーターの役割・オレゴンの尊厳死・リーダーシップ等をテーマとしたレクチャー、ディスカッションに参加しました。財団の助成者からの研修報告を掲載します。

研修期間:2014年10月12日(日)〜18日(土)(7日間)
研修地:オレゴン州ポートランド市
後援:公益財団法人日米医学医療交流財団
企画協力:トータルヘルス教育ネットワーク
現地受入機関:Portland State University(PSU)

プロトコールに沿った難易度の高い看護の提供
金城 真一(滋賀医科大学医学部附属病院)

 今回の研修で最も印象的であり衝撃的であったのは、プロトコールに沿った難易度の高い看護が提供されていることでした。日本では、医師の指示の下に「診療の介助」が行われている。いわゆる医師の具体的指示で看護師は診療に携わっています。しかし、アメリカでは難易度の高いケアを提供するための教育が行われ、それが現場で実践されています。患者にとって看護師は、異常などの早期発見が一番に行える医療従事者であり、医師の指示を待たなくても、プロトコールですぐにケアを提供できることは、とても重要であると感じました。日本でも、この制度に似た取組みが行われようとしています。近々、難易度の高い特定行為が行えるよう教育がスタートします。高齢化が急激に進む日本にとっては重要な課題です。
 最先端医療の国のヘルスケア現場を多方面から学ぶ特別研修として興味深く参加させていただきました。医療の現場で、大きく差を感じるところもあれば、そうでもないところもありました。しかし、看護の質の面では、大きく差があると感じました。根本的に看護教育(看護師の育成)から既に違いがあり、結果的にそれがアメリカと日本とのヘルスケアの違いになっているのではないかと感じました。
チャイルドケアスペシャリストの仕事
西田 裕未

 ドーンベッカー小児病院へ訪問した際に、チャイルドケアスペシャリストの方のお話を聞きました。私は小児科でも勤務経験があり、小児に点滴や手術などの治療を受ける意味を説明し理解を得るのにオリエンテーションを行ってはいましたが、時間の制約もあり満足のいく関わりができていませんでした。実際にチャイルドケアスペシャリストの方のレクチャーを見て、この関わりなら子供が楽しく点滴の必要性などを理解することができるのではないかと思いました。また、チャイルドケアスペシャリストの方の仕事は、治療の必要性を理解させることだけではなく、子供・兄弟に死を理解させることもあると聞き、実際のお話を聞くことができました。日本にはまだまだチャイルドケアスペシャリストという職業が普及しておらず、全国で30名未満だと聞きました。今後、日本でももっと必要とされ普及していく職種ではないかと感じました。
 この研修に参加するまでは不安も多かったですし、研修に参加すること自体に勇気がいりましたが、本当にたくさんの学びと新しい仲間・楽しい思い出ができ最高の体験となりました。
尊厳死についての講義
福田 ひとみ(篠田総合病院)

 印象的だったのは尊厳死についての講義です。オレゴン州ではPAD(尊厳死)が認められています。生死に対する倫理感は人により異なります。その死に対する考え方を現地の方や参加者と話合うとてもいい機会でした。日々の業務の中でも人の死に直面することが多くあります。ですから私の中での人の死とは流れる水のようなものになりつつありました。しかし、このように時間を持って1つのことを人と話合うことで改めて自分の死に対する捉え方と価値観を明確にすることができました。「自分のことは自分で決める。だから、死に対しても自分で決める権利がある。」という主体性のある考え方が、この自由で独創性溢れるアメリカという国を作っているように感じました。
 また研修中、全国各地からの参加者とも交流を深めることができました。お互いのこと、夢、目標を話して私自身のモチベーションも大きく向上しました。この研修を通して新たな目標と夢を見つけることができました。そして共に夢を語り合える仲間に出会うことができました。そして、ここから新たに今まで踏み出すことができなかった更なる一歩を踏み出し、日々前進していきたいと思います。
最高の仲間と学ぶ1週間
山田 優(順天堂大学附属順天堂医院)

 実際にアメリカの病院、高齢者施設、大学等を見学し、アメリカの医療について現地の看護師さんなどからレクチャーを受け、日本との違いに驚きました。元々アメリカの医療制度や保険などが大きく日本と異なるため、国民が医療を受ける際にアメリカでは救急車を呼ぶだけでも料金が発生したり、加入している保険によって払う医療費が異なったり、保険未加入者では適切な医療が受けられないため、疾患の早期発見が難しく重症化してしまったり等、日本の医療との大きな違いを感じました。病院の設備1つにしても、病棟等でも機械化が進んでおり、物品管理や薬品管理などは全て機械化され、常時物品が補充され必要なものがない事はなく、使用した物品・薬剤がダイレクトに患者のコストに反映されるなど、日本では普段私たちや他の医療従事者が行う作業が機械で管理されていることも大きな違いの1つでした。ただ違いばかりではありません。もちろん看護の根本である患者中心の看護やチーム医療の考えは日本と相違なく、疾患のみを看るのではなく、患者のバックグラウンドを含めたトータル的なケアを提供する点については日本とアメリカの共通点だと感じました。アメリカで学んだ看護は研修後自分の部署に持ち帰り、他のスタッフに情報提供・共有をすることで今後の病棟の看護、日本の看護にプラスな影響を与えられれば、今回の研修が自分だけのものではなく素晴らしいものになると考えています。
 また研修では日本各地の看護師さんと知り合え、看護師の新しい友達ができます。働いている場所、経験年数、年齢など異なった環境の看護師と仲良くなれる。これは研修の大きな魅力の1つだと思っています。普段同じ病院の看護師としか話す機会がありませんが、研修ではいろんな都道府県の看護師が参加するため、都心の大学病院の現状、地方の地域密着の医療の現状等様々な医療・看護のあり方を学ぶことができます。最高の仲間と学ぶ1週間は本当に楽しく、そして本当にあっという間でした。
貴重な経験を今後の看護に活かす
長澤 和(御代田中央記念病院)

 研修を終えて、初めての海外研修ということもあり、見るものすべてが新鮮で日本との違いに驚くことばかりでした。看護の役割について、日本は雑務も行うことが多いが、アメリカは一つ一つの役割に対するスペシャリストがいて、看護業務に集中できる点は羨ましく感じました。また、看護師ができることが多いアメリカでは教育体制もしっかりしている為、信頼され日本では医師の行為でも行うことができるのだと感じました。日本でも、患者の満足度を上げられるような看護が出来るように今後も働きたいと改めて思いました。今回の研修で今まで県内の病院しか見たことなかったですが、いい刺激を受け、貴重な経験を得ることができた為、今後の看護に活かしていきたいです。
▲ページトップへ