看護留学・看護研修の専門会社トラベル・パートナーズです。世界で学ぶナースを応援します。ナース海外研修プログラムス。

看護留学体験談
留学お役立ち情報
海外看護視察レポート
現地からのつぶやき
モバイルサイト
facebook
留学・研修プログラム一覧

天安門にて
 北京大学医学部看護学科を今年9月に卒業したナースに会いました。名前は、李勍(Li Qing)。北京大学人民病院心臓外科所属RN。

 李勍さんが働く北京人民病院は今年創立90周年を迎える大学病院。北京市は人口1200万人、流動人口を加えると約1,600万人。北京市内には3級病院(トップクラス)は51件あり、西洋病院44件、漢方病院7件。大学病院は3つ。北京大学附属人民病院はその一つ。現在1448床。Dr.1000人以上 (中国は「研修医」と言う名称は無く、全てDr.)、ナースは全部で1300人。看護実習生120人。準看護師はほとんど無し。平均在院日数9日間。心臓バイパス手術でも7日間。患者は大変多く、門診(外来)は年間140万人。外科手術年間約20,000人。特に心臓内科・心臓外科で有名。心臓内科の郭継鴻教授の貢献が大きい。心臓手術は1日20件。年間約500件。

 李勍さんは欧米への留学経験はありませんが英語が達者。彼女に伺ったところ、教育ママのお蔭で小学校の時からビシビシと鍛えられた結果とか。北京大学医学部看護学科の学生数は1学年35人。2008年の例では、学士卒業した後、すぐに臨床のRNとなる人は7 名のみで、35名のうち28名は大学院(マスターコース)へ進んだそうです。しかし、この28名が全て臨床もしくは、看護教育など看護関係で働くとは限らず、看護以外の分野に進む人も多いとのことでした。北京大学では英語はしゃべれるのが当たり前。同大卒のナースは、将来、国際経験を積む機会も増え、中国の看護をレベルアップして行くリーダーとなることが期待されます。

大卒ナースの李勍(Li Qing)さん(左側)。通り
かかった看護師長とのワンショット。

北京人民病院のロビー案内。90周年記念のタス
キを肩から掛けて案内していました。北京人民
病院は中国が外国からの資金援助に頼らずに作
った最初の総合病院。この病院の歴史は中国に
おける西洋医療発展の歴史そのものです。

病室の外には、患者名の表示はなく、担当医師
名と担当ナース名のみ表示されています。
護士とはナースのことです。

活躍する若いDr達:中国の大学病院にはいわゆ
る「研修医」という名称は無く、医師は全て
「医生(=医師)」と呼ばれます。若くてやる
気満々の医師達が頑張っており、優秀な人材は
昇進も早く30歳代の教授も珍しくありません。
因みにこの3人は北京人民病院と同クラスの北
京同仁病院の急診ICUのDr達ですが、3人とも
准教授です。

路上「薬買取ります」の張り紙:病院の外の路
上には、こういう紙がそこら中に貼られていま
す。中国では薬が高価ですので、余った薬を患
者から買取りそれを農村部へ転売するというビ
ジネスが成り立っているようです。
(基本的には違反ですが。。。)
<記:トラベル・パートナーズ 代表取締役 戸塚雄二>
▲ページトップへ