看護留学・看護研修の専門会社トラベルパートナーズです。世界で学ぶナースを応援します。ナース海外研修プログラムス。

看護留学体験談
留学お役立ち情報
海外看護視察レポート
現地からのつぶやき
モバイルサイト
facebook
お役立ち情報
このページでは、はじめて看護留学をされるかた、看護留学に興味のある方に、役立つ情報を提供しております。

♪♪♪メルボルンには、国際空港のタラマリン空港と国内線専用のアバロン空港の2つがあります。シドニーやケ アンズ乗り換えでカンタス航空やジェットスター航空到着する場合、アバロン到着の便がありますが、メルボルンランゲージセンター(以下 MLC)スタッフの出迎えは基本的にはタラマリンで手配しています。ご自身のフライトの到着空港にはご留意ください♪♪♪
他国で乗り継ぎオーストラリア入国都市がメルボルンの場合(国際線到着の場合)
(シンガポール航空、キャセイ航空、マレーシア航空、タイ国際航空などのアジア乗継ぎ)
1. 到着は、国際線発着のターミナル2となります。
2. 飛行機から降り、そのまままっすぐに通路を進んでいきます。
3. Arrivals(到着)の矢印のほうに向かいます。

4. Way Out(出口)、Bag Claim(荷物の受け取り)の案内に従って歩いていきます。
5. 途中で International Transfer(国際線乗り換え)の方と分かれている部分がありますが、そちらに行かないように。
6. 免税店の並ぶ通路を通り、入国審査へ。パスポートと入国カード、ビザレターなどある場合は、用意して、外国人(Other Nationality)の表示のあるラインへ並びましょう。
7. 入国審査を終えて短いスロープを降りると、頭上にモニターがあり、どの飛行機の荷物がどのターンテーブルに
  流れてくるかが表示されています。
8. 荷物の受け取りのところは基本的に到着したばかりの便のターンテーブルに人が集まっているので、目安となりま
  す。ターンテーブルのところで犬がひとつひとつ荷物のにおいをかいでおり、肉などの持ち込み禁止食品が入って
  いるとおぼしき荷物はその場で係員によってピックアップされることがあります。
 *ピックアップされた荷物がどうなるのか見ていたら・・・中身を開けられて確認が行われた後に、またターン
  テーブルに戻されているものもありました。 (-_-;)

9. 荷物受け取り後は出口付近にいる係員に入国の時にも見せた黄色い紙を渡して終了です。ゲートをくぐると名前の
  書かれたボードを持って待ち構えている人が沢山います。MLCスタッフも同様に名前を書いたボードを持ってトラ
  ベラーズインフォメーションカウンターの前あたりで待っています。すぐに会えなくてもスタッフが探してくれま
  すので、動かないで待ちましょう。
AUS国内で乗り継ぎ、入国審査を既に終えてメルボルン到着の場合(国内線到着の場合)
(シドニー、ケアンズ乗継のカンタス航空やジェットスター航空国内線での到着)
1. 到着は、カンタス&ジェットスター国内線
  発着のターミナル1となります。国際線の
  ターミナル 2とは、同じ屋根の下でつな
  がっており、徒歩5分ほどの距離です。
2. 既にオーストラリア最初の乗継都市で入国
  審査、税関検査を終えているので、荷物を
  ターンテーブルから受け取るだけです。
  Way Out(出口)、Bag Claim(荷物の
  受け取り)
の表示を追いながら進んでくだ
  さい。
3. MLCスタッフは、ターンテーブルで荷物を
  ピックアップし、出口に向かうあたりでボ
  ードを持って出迎えます。うまく出会えな
  くても、スタッフが探しますので、ご自身
  は分かりやすいところでお待ちください。
  むやみに動くことは禁物です。
このページでは、はじめて看護留学をされるかた、看護留学に興味のある方に、役立つ情報を提供しております。
▲ページトップへ