看護留学・看護研修の専門会社トラベルパートナーズです。世界で学ぶナースを応援します。ナース海外研修プログラムス。

看護留学体験談
留学お役立ち情報
海外看護視察レポート
現地からのつぶやき
モバイルサイト
facebook
サイトマップ
このページでは、はじめて看護留学をされるかた、看護留学に興味のある方に、役立つ情報を提供しております。

(1)携帯電話について
★オーストラリアでは、現地の携帯電話会社でプラン式携帯電話を契約する場合、大体の会社は最低2年の契約を交わす必要があります。このため、留学やワーキングホリデーの場合は、通常の電話会社での携帯電話契約ができないので、レンタル携帯電話を契約するのが一般的です。オーストラリアには日系のレンタル携帯電話が多くあり、留学生やワーキングホリデーに便利なプランがかなり発達していると言えます。ご自身の使用頻度や目的によって、ベストな方法をご検討ください。

★携帯電話で考えられる方法
日本の携帯電話を持ってきて使う
日本の携帯電話を持って行き、データローミングの設定をオフにして、Wi-Fi通信の設定にすることで、LINE, Skype などで安く通信することも可能になり、短期滞在の場合、これで十分という方も増えています。 しかし、電話をかけるという行為を中心に考えますと、音声が途切れやすいなどの通信事情も起こりますので、長期滞在者の場合、現地の携帯電話をレンタルする方法が良いことも多いです。
オーストラリアでレンタル携帯電話を借りる
現地には、現地にあった通信事情やお得なサービスが存在します。レンタル携帯電話は日系の企業が多くあり、日本語で対応してくれるので大変便利です。また、日本出発前に携帯電話を予約して電話番号をもらえますから、家族に携帯電話番号を知らせておくことができます。オーストラリアでレンタル携帯電話を借りる方法が最も安いと考えられます。
オーストラリアでプリペイド式の携帯電話を買う
プリペイド式の携帯電話は、電話機本体がAUS$100前後で街中の携帯電話ショップや郵便局などで販売されています。プリペイド携帯電話は携帯電話本体とSIMカードを購入または自分で用意して、1ヶ月に一度のクレジットのチャージをするタイプ。クレジットはリチャージカードを購入することによりリチャージできます。リチャージカードは大体のコンビニエンスストア、ニュースエージェンシー、携帯電話の販売店などで購入可能です。お店の入り口付近にサインが出ていれば購入できます。
プリペイド携帯電話は接続料金や通話料金がプラン携帯電話よりも割高になっています。

★日本語のEメール
以前は、日本語Eメールの対応に各社とも苦労していましたが、最近はほとんどのレンタル携帯電話が日本語のEメールに対応するようになりました。日本の携帯とは機能が違うかもしれませんが、iPhoneなどは大差ありません。
★メルボルンで携帯電話、コーリングカード、国際電話、Eメールなどのサービスを日本語で扱っているのは『ニッテルコミュニケーションズ』などです。iPhoneのレンタル取扱いもありますので、便利です。
(2)公衆電話について
★市内通話は時間には制限がなく1通話単位で計算されます。公衆電話なら1通話AUS$0.50。一般に日本ほどは公衆電話は普及しておらず、壊れている場合も多いです。赤色の電話は市外通話ができず、オレンジ、青、緑、銀なら市外通話も可能。オレンジとISD表示のある青は国際通話が可能ですが、コインを余分に入れてもお釣りは戻ってきません。
★テレフォンカード(Phonecard)が普及し、カードに電話番号を登録する(オートコール)こともできます。銀色機はクレジットカードが使えます。
★市外電話は日本と同じで市外局番を使う。シドニー02、メルボルン03、キャンベラ06、ブリスベン07、ケアンズ07、ゴールドコースト07、アデレード08、パース08などです。
(3)現地で購入できる格安テレフォンカードについて
プリペイド式テレフォンカードにはたくさんのものがあります。その中のひとつOZcall(オージーコール) Recharged Phonecardは、コンビニエンスストアで購入できます。金額は、$10から、$20、$30、$50などがあります。通話料は、日本まで1分¢1.8、$10カードで約5時間通話可能!このカードで日本を含めた世界250カ国に掛けることができます。日本語アナウンスもありますので、利用も簡単で便利です。取り扱いの金額は店によって異なりますので、購入される際にご確認下さい。 有効期限は、初回の使用日、またはリチャージした日から6ヶ月間です。
ホームステイ先から使う場合
  1. カードの裏面に記載された一番最寄り(Melbourne)の中継局の番号にダイヤルします。
  2. ID/バウチャーナンバーをダイヤルし、#キーを押します。
  3. 相手先の電話番号をダイヤルし、#キーを押します。
公衆電話から使う場合
  1. 1通話につき接続料A¢50がかかります。
  2. この後の操作はホームステイ先の場合と同じです。
(4)ホームステイ&シェアハウスでの電話について
★ホームステイやシェアハウスでは、先に住んでいた人の国際電話料金の請求が引っ越した後に届く事例が多い為、市内通話以外の通話にはロックを掛け使用できないようにしているところもあります。引越しの際は、ご本人も通話料の未払いには注意しましょう。
★オーストラリアの常識では、夜9時以降の電話はマナー違反となります。
(5)一般電話(家の電話;Fixed Phone)について
★新規の加入手続きは、最寄りのテルストラ(Telstra)に行くか、Customer Service(TEL: 132200)に電話して申し込みます。IDとしてクレジットカード情報、住所、氏名、勤務先、生年月日などを聞かれます。電話接続口が引かれている場合は約60オーストラリア・ドル、無い場合は、工事費として約300オーストラリア・ドルが必要となります。
●問い合わせ先:テルストラ TEL: 132200
このページでは、はじめて看護留学をされるかた、看護留学に興味のある方に、役立つ情報を提供しております。
▲ページトップへ